2017.08.01











往く手舞う
波濤の欠片
貫きて







常磐線 末続
2017.7


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

土用波が砕け散る海岸より
若干の高台に位置する、末続の駅。

当駅の敷地の南側約半分が
海岸から続く谷間に迫り出して居り、
其処は丁度、海霧の通り道になって御座います。

そして今日も、
往く手の頭上を覆う波濤の欠片を、
細面の白い躯体が、往時の如く貫いて参ります。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret