2017.07.31











海霧の
迫り来て尚
駆る大路







常磐線 久ノ浜-末続
2017.7


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

今年、東北地方の梅雨は明けぬであろうとの噂も
流布してゐるそうに御座います。

此の日の朝、
当に其の事を象徴するかの如き濃い海霧が、
久ノ浜の街の上空より垂れ込めて御座います。

斯様な空の下、
嘗ての特急街道である当路線の頂点に君臨し、
一世を風靡した“タキシードボディ”が、
此度今一度、南双の鉄路を駆け抜けて御座います。

左様な訳で、
本日より幾日かは、彼の震災から六年を経て、
生まれ故郷にて静かに余生を送る名車の姿を中心に、
御相伴を賜りとう存じます。

本日も、御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret