2017.04.27










路地裏の
風も素知らぬ
電話箱






東北本線 館腰-名取
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

庵近在を徘徊中、
些か庵主の琴線に触るゝ存在を
見つけて御座います。

携帯電話機の普及に拠り、
すっかり見掛無くなった公衆電話。

自身の現状、或いは行く末を察してか、
律儀に傾いた状態で其処にぽつんと
立ってゐたので御座います。

路地裏の電話箱を素通りして
吹き来たる風の冷たさに気付き、
其の出所に目を遣る時、

今をときめく貨物列車が、
飛ぶ鳥を落とす勢いで踏切を通り抜けて行く処に
御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret