2017.03.09










轟音を立て流星の迫り来る





東北本線 名取-館腰
2017.2


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

EF81形電機は、昭和四十三年の登場以来、
乙級線を除き、本州・九州のほゞ全ての電化区間に
活躍の場を広げて御座いました。

以降、平成元年まで
製造が続けられてゐたと申しますから、
国鉄技術部門の設計思想が如何に優れたものであるか、
垣間見る事が出来るかと存じます。

自身が、其の求められた性能を満たす為、
高圧機器の塊と成ってゐる事を言無にして語る、
重厚感あふるゝ躯体。

其の躯体に描き加えられた
たった一つの流れ星に御座いますが、
轟音を立てゝ走り去る様を間近で見ますと、
其の迫力に気圧さるゝばかりなので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret