2016.12.13










地上より
月へと念ずる
千一夜






東北本線 館腰-岩沼
2016.12


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

此の週末は色々御座いまして、
日頃より忙しい庵がより慌ただしく成って御座いました。

さて、庵事も一段落し、合間の一服の折に、
一献点てて御座います。

陽の入りも早まり、麓まで下りて来る冷気も
愈々強さを増して御座います。

白い息を吐き乍ら、田圃の真ん中を漫ろ歩きして居りますと、
県道の陸橋の後ろに、月が煌々と輝いて御座います。

何故か、念ずれば通じそうな気が致しまして、
何時もの月より、些か神々しく見えた、
師走の夕暮れに御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret