2016.10.27










潺を
聞きつゝ小径の
険しけれ






水郡線 西金-下小川
2016.10


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

風光明美な場所と申しますのは、
往々にして、険しい地形が多いように存じます。

だからこそ、車窓にも沿線にも、
多くの人を魅了して已まないので御座いましょう。

久慈川沿いの崖の上で迎える夕暮れ時は、
川面を渡る風が辺りを包みこむ迄には、
もう些かの時間を残してゐる様に御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret