2016.10.22










翔ぶ空を
映して青き
川と在り






水郡線 袋田-上小川
2016.10


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

鳥取県を中心に、大きな地震が起こったとの由。
東日本大震災の被災地に住む者として、他人事とは思えず、
また、当時の様子が思い起こされて御座いました。

被災された皆様方にお見舞い申し上げ、
早期の復興と回復を、心よりお祈り申し上げます。

日本の山間部の原風景たる久慈川に
五軸機の躍動する姿を求め、
其の畔(ほとり)に降り立ちて御座います。

先ず目を瞠ったのは、其の水の清らかさに御座います。

此処より少し上流に「袋田の滝」が在るそうに御座いますが、
其の瀧の流麗な姿が目に浮かぶようで御座います。

成程、其処で先程来、数多の太公望が糸を垂れ、
「おとりあゆ」なる幟が街道沿いに立ち並んでいる訳で御座います。

清き流れに負けじと澄み渡る碧空に、朱を一つ差しつゝ、
彼の五軸機が足取りも軽やかに翔んで往くので御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret