2016.10.05










幽かな陽を集むるが如くに疾(はし)る





東北本線 名取-南仙台
2016.10


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

陽はとうに山陰に隠れ、
コンクリートの塊も林立する電柱も、
灰色と空色を混ぜた暗がりに染まろうとして御座います。

此の時季にしては突き刺すような夕陽に灼かれた数分前を
遠き昔日にするが如く、
足音も無く冷気が忍び込んで参ります。

僅かに残ったルーメンを掻き集むるが如く、
その綽名にそぐわぬインバータ音を響かせ、
金太郎が北を目指して参ります。

自らの進路に、此の時間にしては十分過ぎる程の
光を照らしつゝ。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret