2016.07.25










指を差す往く手 暮らしと伴に在り





東北本線 館腰
2016.7


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

拙庵至近の当駅は、昭和六十年、
当時の国鉄が直々に開設したそうで御座います。

順調に利用客も推移し、名取市南部の街の顔として
すっかり定着した様に御座います。

一方、点てさせて頂いた719系電車の登場は平成元年。
館腰駅の生い立ちと然程変わらないものと存じます。

何れも、沿線の生活に於いて、重要な基幹施設として
歩みを共にして来られたものと拝察申し上げます。

夕暮れ、仙台と云う大都市の吸引力を表すかの如く、
此の時間になっても都心へ流入する人々が当駅を行き交います。

扨て、車掌殿が此の車で安全を確認するのも、
程なく見納めと成るので御座いましょうが、

駅と街の“これから”について、オールグリーンである事を、
少しばかり込めた一献とさせて頂きとう存じます。

本日も、御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret