2016.07.09










青空に対峙する峰、其の麓





東北本線 金谷川-松川
2016.6


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

梅雨入りして間も無い、奥州路の大幹線。

入梅後と在り、湿度を含む晴れ間と相俟って、
線路より些か離れてゐる筈の山肌が、

活火山である自らの素性を声高に宣うが如く、
間近に迫って来るので御座います。

斯様に圧倒的な力と、
去就如何にと目さるゝ719系電車は、
此方も亦、長年に亙り共存関係に在ったので御座いましょう。

東北地方の旧国鉄線では
史上初の三扉車に御座いますが、

其の地域輸送の歴史を開いて以降、
しっかりと地域に根付き、気候風土を共にして参ったものと
やゝ一方的に拝察する処なので御座います。

本日も、御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。


スポンサーサイト
Secret