2016.06.24










辿りしは緑より他無き隘路
終(つい)の旅路に飾り無きとて






仙山線 奥新川-作並
2016.6


***************

御来庵頂き、誠に有難う存じます。

太平洋と日本海を厳然として分け隔てる
奥羽山脈の懐深くを東西に貫き、
互いの城下町を結ぶ仙山線。

都市間連絡を担い、
宮城県側は全区間が百万都市たる仙台市に属し、
一時は準急に始まり特急列車も運転された当線。

にも拘らず、奥羽山脈越えの此の区間だけは、
鉄路の他には深き山と濃い緑以外には何も無いと云う、
秘境と称しても過言では無い様な立地に御座います。

呼吸をすれば肺も緑に染まるのではとさえ思える山襞に紛れ、
様々に思いを巡らせ、先達諸兄に種々の御教示を頂きつゝ
其の時を待ちます。

難所の交通網整備で其の名を馳せた
嘗ての山形県令、三島通庸が、
苦戦を強いられつゝも開削した、仙山間の経路。

其れ程迄に重要な経路の一翼を担う鉄路に於いても亦、
一つの歴史が、深い深い緑に彩られつゝ
静かに幕を下ろしたので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret