2016.05.14










往く路を睨む六ツ目の背負いしは





石巻線 鹿又-曾波神
2016.4


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

四枚の硝子に据付られた旋回窓、
そして前照燈。

行く手を睥睨する六つの眼差しの険しきは、
物資の流れを止むるまじ、との使命感に
溢れているので御座います。

そして其の運転席も亦、
進行方向に向かって直角を向いて(=枕木方向に)座すと云う
作りに為つてゐるそうに御座います。

人間工学的に大変に理不尽な労働環境にて、
此の機械を駆る運転士殿の日々の御苦労も
如何許りかと御拝察申し上げます。

此れ等の機械から滲み出る力強さの正体、
其の僅か一部でも、
此の一献に垣間見て頂けたなら、望外の幸甚に存じます。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret