2016.05.10










薫風の先駆くる朝柔らかく





東北本線 名取-館腰
2016.4


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

此の日も、彼の特急は、郡山を経て会津若松へと、
日々勤しむ道中に御座います。

朝の陽の光に徐々に鋭さが増す此の時期に御座いますが、
黄金週間中は全般的に柔和な光線が多かつた様に感じます。

然し、吹く風は明らかに、春から夏の其れに
成分を変化させている様に御座います。

自然の中に於ける人間の小さゝに比ぶれば、
鉄道と云う機械装置は、然様な変化など些かも気にする事無く、
黙々と其の道程を日々熟すので御座いましょう。

“単なる「大量輸送機関」”では収まらない、
公器としての鉄道を、独り見た思いで居ります。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret