2016.05.02










薫風に揺れる菜花の淑やかさ





東北本線 館腰-岩沼
2016.4


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

来る水無月、観光用に改造された一族を除けば、
愈々以つて日本の鉄路から完全に姿を消す、
485系特急型電車にて、本日の一献にご相伴頂きとう存じます。

系譜の源流となる481系電車の登場から半世紀余、
日本の高速鉄道網の発展に大きく寄与して参りました。

現在では、全盛期に比して営業の場を著しく縮小し、
青函連絡信越海線などに残るのみと為つて御座いました。

名残惜しい気持ちを押し殺しつゝ、
此の日もあの時と同じように優しく揺れる菜の花に、
努めて日常の風景で在るが如く記録せんとしたので御座いますが、

矢張り、何処か余所余所しい空気が拭い去れないものに御座いまして、
独り、線路端で些か辟易した事を独白申し上げます。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret