2016.04.25










苗代に畏まりたる神の峰





越後線 分水-粟生津
2016.4


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

些か汗ばむ陽気に成つた、卯月の中旬に御座います。

間も無く田起こしの時期に御座いましょう。
農家の皆様は、苗床の面倒見も佳境を迎えていた事と存じます。

斯様な中にあつて、越後の霊峰・弥彦山は、
地域一帯の信仰を集めつゝ、悠久泰然として
米処を見守り続けて来た事と御拝察申し上げます。

其の足許を、県都新潟への足として、
或る時は行商人を、また或る時は農閑期の出稼ぎ者を運び、

此方も亦、山と共に歴史を紡いできた電車が、
何処までも広がる水田の中を駆けて往くので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret