2016.04.22










裏庭の陽だまり頬も緩む径





東北本線 越河-貝田
2016.4


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

縁側で頂く御茶に、些か腹も膨れて参りました。

さすれば、家でも一周してみようかと、
建屋の裏手に漫ろ歩きを決め込むので御座います。

干したる薪に掛けた覆いには、先達て、
雨除けに虫除けの看板を追加した処に御座います。

掛けた紐の緩みの無きを確認し、
裏庭の向こうへ続く掘割を覗き込みます。

丁度、上野へ向かう鈍行列車で御座いましょうか、
阿津賀志の峠路をゆつくりと登つて往く処に御座います。

列車の速度に、陽だまりの温もりを一層増したが如く感ぜられた頃、
裏庭の隅の小さな枝垂桜に未だ色が残つているのを見つけ、
午后の作業もまた頑張ろうと、腰を伸ばすので御座いました。

安い小芝居に御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret