2016.04.19










往く路と頬染め薄墨傾れ落つ





東北本線 大河原-船岡
2016.4


***************

御来庵頂き、誠に有難う存じます。

昨年も此の場所から、
同じように去り行く列車を見送つたので御座います
が、
今年は些か趣が変わつて御座います。

数十年の時間移動を経たが如き…
とまで申し上げるのは、過ぎたる事に御座いましょうか。

直前まで構図を練らず、
日々思い付きでレリーズを踏む庵主にしては、
若干の偶然が生じた様に御座います。

列車名の通り、遊山の御仁を満載した客車は、
その重さを感じさせぬ程に、
吾身へ向かつて傾れ落つ薄墨を借り、
御丁寧に丸い頬紅まで差しつゝ、
家路を馳せるので御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret