2016.04.16










過ぎ去りし日々を重ねるシルヘツダ





東北本線 大河原
2016.4


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

肥後・豊前両地域の大地震、
まるで五年前の庵近在を思い出す状況に御座います。
津波が無い代わりに、大規模な山体崩壊と無数に繰り返さるゝ余震。

犠牲になられた方々のご冥福をお祈り申し上げますと共に、
負傷された方々、被災されております皆様方に、
衷心よりお見舞いを申し上げます。

どうか、力強く、再起される事を切に願つております。

斯様に極端なものでは無いにせよ、
過去の記憶と申しますのは、時折鮮明に脳裏に蘇るときが
あるので御座います。

本日の一献は、然様な情景を無彩色にて点てる事で、
“「記憶」が「追想」に変化する過程”を垣間見ようとしたものに御座います。

肥後や豊前の皆様方の「記憶」からも、
どうか、心温まる「追憶」が、少しでも多く見つけられますよう。

ちなみに「シルヘッダ」と申しますのは、
昭和中期以前に製造された鉄道車両に多く見られた
車体構造の事を申しまして、

車体外部の窓の上部と下部に、補強用の“桟”を渡したものに
御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret