2016.04.11










荒野往く夜汽車白昼夢の如き





千歳線 沼ノ端-植苗
2016.3


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

日本最後の客車特急を追う行脚も、
此方の一献にて一旦締めさせて頂きとう存じます。

荒涼とした土地が広がり、
其の中を日本離れした装いの客車が連なつて進む様は、
恰も米国の大陸横断鉄道の如く御座います。

地面寸前まで延びた車体の裾、
上に丸く膨らんだ屋根、
銀色の大柄な躯体に引かれた帯は大陸の色遣い。

生粋の国産機も、つられてAmtrackの機関車に見えてくるから
不思議で御座います。

而して此の感覚も、
最早味わえぬものに相成りまして御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
Secret