2016.02.15










Condominium Threnody





東北本線 名取-館腰
2016.2


***************

御来庵頂き、誠に有難う存じます。

利便に富んだ此の地に庵を移して
間も無く一年が経とうとして居ります。

此度の一献は、
Condominium Threnody≒集合住宅挽歌
などとと謳うては見たものの、
斯く云う拙庵も集合住宅に御座いまして。

五分も歩けば辿り着く便利商店、
十分も待てば来る列車。
逆に、待つて貰える事も無く過ぎ去る日々──

時の移ろいの迅さが
年々増して居る様に感ぜらるゝ
此の頃に御座います。

スポンサーサイト
Secret