2016.01.25










雪中を里に下り来ても独り





米坂線 手ノ子-羽前椿
2015.12


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

宇津峠の登り降りは、
並行する越後街道も含め、
南東北屈指の山深さと存じて御座います。

況や、単発原動機の車体には、
些か荷が重った事と存じます。

気動車の息遣いも、
徐々に落ち着いて来た頃合いに御座いましょうか、

ささやかな集落の傍らを、
足音も軽く、雪煙を撒き揚げて
馳せ参じるので御座いますが、

鉛色の空の下、
相も変わらずの一人旅に御座います。

スポンサーサイト
Secret