2016.01.06










流星も惜しむ別れのカシオペヤ





東北本線 館腰
2016.1.6


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

今宵は、今便を以って東北筋より姿を消す、
EF510の下り最終仕業(しぎょう)を
見送って参りました。

一昨年の夏、家内と一宿を求めた北斗星を牽いた電機。
機番は違えど、また、平成の生まれと云えど、
其れなりに思い入れのある車に御座いました。

庵に帰り、今し方の雄姿を家内に見せた処、
嗚呼、消えてしまうのね、との弁。

稚拙な一献乍ら、確かに息衝いた庵の絆に
互いに想いを馳せた、
草庵の一夜に御座います。

スポンサーサイト
Secret