2015.12.03










復興の労を癒せり箒雲





石巻線 石巻
2015.11


***************

御来庵頂き、誠に有難う存じます。

庵に灯を入れる事も儘ならぬ
今日此の頃に御座いますが、
如何お過ごしで御座いましょうか。

当(まさ)に独白に御座いますが、
此の頃は、復興と声高に連呼する事にも
些か疲弊が否めないので御座います。

然様な時こそ、一寸手を止め、
晩秋の高き空を見上げるようにして居ります。

さすれば、
天空高く舞う水蒸気の飛礫(つぶて)が、
欠伸すら面倒な無精者の庵主に代わり、
清々しく深呼吸をしてくれるので御座います。

スポンサーサイト
Secret