2015.11.09










あの波も越えて目指すは





仙石線 野蒜-東名
2015.10


***************

御来庵頂き、誠に有難う存じます。

あの未曽有の災禍を端的に伝える標示物が、
沿岸部の至る処に掲げられて御座います。

果たして此の大波を乗り越える事の出来た鉄路は
幾許だったので御座いましょう。

利潤を追求すべき民間企業であるからこそ、
取捨選択は必定の理かと存じます。

だからこそ、
自ら“選択した”インフラに対する責任は、
民間企業である事の「甘え」など通じない程に
大きく重いものかと拝察申し上げます。

具体的には、
此の列車に描かれた英雄の如き理想論を
理想論として片付ける事無く、
現実のものと為すべき重責かと存じます。

スポンサーサイト
Secret