2015.10.09










山路より見下ろす虎の息も切れ





都電32系統(荒川線) 王子駅前-飛鳥山
2015.9


***************

御来庵頂き、誠に有難う存じます。

飛鳥山の山裾を上る急坂を、人間を満載した一頭の虎が、
息も絶え絶え登って参ります。

その傍ら、更に急な山道を、
同じく人間を満載にした籠が一つ、飛鳥山の山上を目指して
軽々と登って参ります。

都会の夕暮れ時に繰り広げらるゝ、兎と亀…では御座いませんが、
庵主の目には、何処か昔話の一幕であるが如く映ったので御座います。

スポンサーサイト
Secret