2015.07.21










Junction in the Rain





津軽線 大平-中小国
2015.7


***************

御来庵頂き、誠に有難う存じます。

誠に恐縮至極に存じますが、
文字通りの五月晴れより一転、
雨に煙る一献に御相伴を賜りとう存じます。

酷暑の様相を呈しつゝあった庵を抜け出し、
角籠を二刻半(大凡五時間)ほど駆りまして、
津軽半島のほぼ中心に馳せ参じ候。

弾丸行脚の手始めは、
そぼ降る雨が尚一層の肌寒さを誘う
大平駅近傍からに御座います。

当日は、台風崩れの低気圧の
鄭重なお出迎えを頂戴し、
何と摂氏十九度の中の到着と
相成りまして御座います。

移動電話付属の写真機による一献にて
恐縮至極に存じますが、

津軽線・海峡線・北海道新幹線が
様々な意味合いで“混在”する現在を
記録する事が出来ましたので、
良き事と致しとう存じます。

矢張り、新幹線と在来線は、
物理的・技術的に如何に交わらせようとも、
真の意味では交わり得ぬものであると
感じた次第に御座います。

スポンサーサイト
Secret