2015.07.15










水牛の朱の市中を歩み来る





石巻臨港線 陸前山下-石巻港
2015.5


***************

御来庵頂き、誠に有難う存じます。

文字通りの皐月晴れを堪能した黄金週間、
初日の八つ時は石巻市内の住宅街の真ん中にて
彼の五軸機を迎える事に致し候。

予約した温泉宿の夕食の時間を気にしつつ、
所定の時刻を迎えたので御座いますが、
一向に警報機が鳴る気配が御座いません。

影の伸び具合も気になり始めた頃、
漸く鳴り出した警報機に応じるが如く体制を整えるや否や、

家屋が密集した裏路地に比して
圧倒的な質量を以て、朱(あか)き水牛が、
踏切の脇に佇む庵主を気にする風でも無く悠然と、
当に牛歩の歩みで過ぎ去ったので御座います。

スポンサーサイト
Secret