2015.06.24










旅人を待つその巨躯の暖かさ





石巻線 女川
2015.5


***************

御来庵頂き、誠に有難う存じます。

本日は、惜しまれ乍ら
先月一杯でその役目を全うし勇退した、
40系列気動車の一献に
お付き合いを賜りたく存じます。

其の柔和な躯体は、
数多の旅人を受け入れ続けて幾星霜。

年季が入つた、と申し上げるのも烏滸がましい、
所謂「国鉄の標準設計」の粋を凝縮した、
計り知れない安定感と重厚感が感ぜられます。

此の日の陽気で「暖かい」とは、
自分で申し上げておき乍ら
何やら汗ばむものを感じるのでは御座いますが、

前世紀の機械は、此の日も、
現世紀の若人を、
何とも静かに、そして、矢張り暖かく迎え入れ、
何処の街へと動き出すので御座いました。

スポンサーサイト
Secret