2015.06.20




東北本線 南仙台
2015.6





東北本線 南仙台
2015.6

***************

御来庵頂き、誠に有難う存じます。

頭幕を追い掛けた、
その後にお付き合い頂きたく存じます。
事後談と云う事で、一句捻らずに恐縮に存じます。

結局、旧庵近在から、現在の庵を少々通り越して、
夜の帳の降り始めた南仙台駅まで
角籠を駆って参りました。

いづれも、面白味に欠ける一献になり恐縮に存じますが、
本日は一つの記録として御笑覧頂ければ
幸甚に存じます。

上段の一献左側に煎じられた車は、
阿武隈急行8100系に御座います。
国鉄廃止から一年余り後の昭和63年の生まれ。

右隣に控える国鉄485系特急型車とは
世代を異にするのでは御座いますが、

分割民営化黎明期を、
方や新製車、方や引退間近の老体として、
共にみちのく路に現役として生きた車に御座います。

そう云つた意味では、
国鉄丸森線と暫定開業後の阿武隈急行を知る身としても
個人的に感慨深く、
一献を煎じた次第に御座います。


スポンサーサイト
Secret