2015.04.13










傾(かし)ぐ陽の 路へ薄墨 傾(なだ)れ落つ





東北本線 大河原-船岡
2015.4


***************


御来庵頂き、誠に有難う存じます。

「傾」と云う字は、
どうも不遇を託った印象が拭えぬきらいが
在る様に御座います。

しかしどうして、古文書を開きますと、
「粋」或いは「avantgarde」を指す言葉として
用いられている事が多いように存じます。

鉄路に覆い被さるが如く咲き乱るゝ薄墨の花弁が
傾ぐ陽に映える頃、
平素より何食わぬ顔の銀箱にも、
傾奇者の装いを纏う一瞬が生まるゝので御座いましょう。

スポンサーサイト
Secret