2012.04.12





庵主です。

本日も、ご来庵誠に有難う存じます。
記事本文中に、いつもは欄外に隠れている庵主の一言が突如出現し、
鉄道写真集ではなくなったのか?と思われている方も多いと思いますが、
僭越ながらご来庵の皆様へ、庵主より即刻一言献上申し上げます。

旬の入りとともに、本日、亘理で採れたての苺です。

あまりにも、赤々しく、瑞々しく、甘いので、
つい。。。

ちなみに、赤々としている実は食べ頃、
青いものは冷暗所で少し寝かせてから、
赤々となった所を食べると良いのだとか。
一方、少しでも傷が付いたり圧迫されたりすると、
そこから急速に傷むのだそうです。
つまり、食べ頃は、時機と傷との勝負です。

この直後、箱の中でもとくに赤々としている実(半数ほど)が、
庵主の腹の中へと放り込まれていくのでありました。
スポンサーサイト
Secret