2017.07.14











紅牛疾駆






東北本線 乙供-千曳
1999.10頃


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

庵近在は、本格的に空梅雨の予想を
呈して参りました。

此処数年の天候不順に、
何らかの異変の兆候を垣間見るのは
大袈裟では無き事と存じます。

さて本日は、相当に昔の熟成茶葉にて一献。
恐縮では御座いますが、御相伴を頂戴して御座います。

此の一献を点てた当時、
東北も、すっかり秋の装いに御座いましたが、
強烈な日差しに、青森県内乍ら暑気を覚えた
記憶が御座います。

其れでも、昼下がりに早くも傾き始めた
陽光を目一杯に浴び、かつ自らも熱気を発しつゝ、
一路青森貨物集積所へ向けて疾駆する紅牛を見送る、

斯様な二十代前半だったので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト