2017.04.13










頂の
泪隠して
津軽富士






奥羽本線 弘前-石川
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

悪化の一途を辿る空模様に一喜一憂しつゝも、
泣いても笑っても此れが最後と云う事に御座いまして、
津軽富士を望む跨線橋に参じて御座います。

嘗て、当該車両を使用した列車名の由来となった彼の山は、
既に今生の別れを察するかの如く、
一筋二筋の涙を流してゐた事で御座いましょう。

其の事を、我々に、そして彼女に悟られないよう、
目深に帽子を被り、頂を覆い隠してゐたものと存じます。

斯様な想いを振り切るが如く、
往時と変わらぬ韋駄天振りで、
終の棲家、秋田への帰路を急ぐ列車の姿が、
彼の山の麓に御座いました。

写真機を構えて居られた先達の皆様方、
そしてお見送りにお越しになられた沿線の皆様方。
行く先々で、列車に手を振る光景に相見えたので御座いますが、
彼女の目にもきっと、其の姿がしかと写ってゐたものと存じます。

さて、此の道中では、沢山の先達の皆様方に御引き回しを頂き、
また、出不精な庵主には勿体無い程の良縁を沢山賜りました事、

そして何より、長年の活躍で我々を魅了した大女優の去り際に
立ち会い、其の姿を此の目に焼き付ける事が出来ました事に、
心より御礼を申し上げとう存じます。

こと、近在に御住まいの某巨匠殿、
そして、某・手抜き先生殿や、某・人気先生殿には、
此の出不精の尻を叩いて頂きました事、
拙庵からで恐縮には存じますが、改めて御礼を申し上げます。

此の茶葉、在庫が未だ御座いますれば、
もう少々煎じさせて頂きとう存じます。
もし宜しければ、御相伴賜りとう存じます。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト