2017.04.29










襟整えて望みしは





東北本線 館腰-岩沼
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

愛島の丘の稜線に其の身を沈むる直前、
刹那の閃光を放つ陽光が、
鋭い角度で車内に射し込んで参ります。

相応に揺れる列車内では、其の先頭に立ち、
微動だにせず前方注視を続ける
乗務員の方の姿が御座いました。

丁度其の時、
列車まで射貫かんばかりの斜陽を照り返し、真一文字の襟が、
車内に鮮明に浮かび上がったので御座います。

直線的な容姿を持った車両と、
恰も気持ち迄一つに為るが如く。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
2017.04.28










宙を跳び
水を濁さぬ
日々の脚






常磐線 逢隈-岩沼
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

「夕暮れ」と云うだけで、之だけ画を為せる場所が、
庵主の巡回経路上に在ったのかとさえ思えた、
一日の終わりに御座います。

其処には明らかに流れが存在する筈、
併し、水面の揺らぎは極僅かにて、
鉄が擦れ軋む音すら、素知らぬ顔をしてゐるが如く
御座います。

或いは、河を跳び渡る列車が、
新参者である事を自覚してゐるが如く、
相当に気を使ってゐるので御座いましょうか。

此の気遣いが、やゝもすると、
背後に林立する工場群の騒音さえも
掻き消してゐるのかも知れないので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.27










路地裏の
風も素知らぬ
電話箱






東北本線 館腰-名取
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

庵近在を徘徊中、
些か庵主の琴線に触るゝ存在を
見つけて御座います。

携帯電話機の普及に拠り、
すっかり見掛無くなった公衆電話。

自身の現状、或いは行く末を察してか、
律儀に傾いた状態で其処にぽつんと
立ってゐたので御座います。

路地裏の電話箱を素通りして
吹き来たる風の冷たさに気付き、
其の出所に目を遣る時、

今をときめく貨物列車が、
飛ぶ鳥を落とす勢いで踏切を通り抜けて行く処に
御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.25










眺むるは
末期に添ゆる
残り雪






奥羽本線 白沢-陣場
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

お陰様を持ちまして、多忙を極め、
涙が出る日々を送って御座います。

何処からか風邪まで貰って来てしまい、
頭を徒然に揺すられつゝの日々に御座いますが、
御来庵の皆様方に於かれましては、
息災で御座いましょうか。

さて、此の一献を持ちまして、愈々当に、
庵主と此の大女優の邂逅は終焉を迎うる事と
相成りまして御座います。

庵主の人生に於いて、
最初で最後と成るであろう此の場所で、
谷間に谺する電動機と警笛の音に耳を傾けつゝ
其の時を迎えた体験と記憶は、

恐らく、墓場まで大切に持って行く
事に相成るので御座います。

此の上無く愉しく、また千載一遇の機会を与えて下さいました、
某・手抜き王殿、修行僧殿、雨宮殿、Fファッツ殿、油屋殿、
御相伴は叶いませんでしたが某・逆光番長殿、
現場から夜会に至るまで御相伴・御指南を頂戴した皆様、
そして某・U鉄殿に、心より御礼を申し上げる次第に御座います。

日々無くなり行く列車、また新たに登壇する列車。
今後とも、其れらの日常を切り取る一方、
新たな主題を見つけ、庵事の合間を縫い、
多くの皆様方の御指導、御鞭撻を賜りつゝ、
馳せ参じる所存に御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.24










夕風を
突きて散らすは
高き空






東北本線 南仙台-太子堂
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

昨日は、拙庵宗家並びに宗家所縁の親族が一堂に会し、
御先祖の皆様方の御供養を営んで参りました。

拙庵の雑事の多さも相俟って、
佳き日和と佳き列車に相見える機会が
元々少ない拙庵に御座いますが、

神事仏事や冠婚葬祭は何より優先すべきとの
宗家の方針も、理解に難からじ事と存じます。

斯様な訳で御座いまして、
先週運行されし客車列車の復路にて点てた一献で、
文字通り、お茶を濁しとう存じます。

太陽は既に其の身の大部分を山手に隠し、
背後の川面を渡る風も、冬の空気を吹き返したが如く
御座いました。

電動機の熱気に僅か乍ら心を温めたので御座いましたが、
彼の列車が通り過ぎて後に運んで来た風の冷たさの方が勝り、
些か首を竦め乍らのお見送りと成ったので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.22










「先輩…今まで言いづらかったんスけど…」
「どうしたの改まって」
「今まで、待避線に行っとけだとか、スジ譲れだとか、
 散々生意気言ってスンマセンした」
「そんな事、別に気にしてないわよ、逆にその若さが羨ましかったわ」
「いやー…」
「それよりあんた、潮風とか大丈夫なの?
 時々高波も被る職場なんだろうから、ちゃんとこまめに診てもらうのよ、
 私みたいになってからじゃ遅いのよ」
「…先輩!」
「何よ、急に大きい声なんか出して」
「…いやその…相変わらずの人気っすね…」
「ふふん、何言い出すかと思ったら…この世界じゃ、年増の方がモテんのよ」
「ええ?」
「それと、おだてたって何も出て来ゃしないわよ、
 碍子の1本に至るまで、共通部品なんか1つも無いんだから」
「はぁ…それよりっすね」
「何なの今日は?いつもより顔が赤いわよ?」
「──今まで、有難うございました!」
「はいはい、あんたは先が長いんだから、頑張って稼ぎな」


……




奥羽本線 秋田
2017.4


***************

…などと云う遣り取りがあったか否かは存じませんが、
斯様な光景に見えたので御座いました。

昨日今日と、拙い小芝居に御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.21










「先輩…ホントに今日で引退なんですね…」
「そうよ、あなた達にも色々とお世話になったわね」
「そんな事ありません、それに、ただ速いだけの私たちと違って─…」
「どうしたの?何も泣く事じゃないわよね?」
「…だって先輩は、お客様が寝ている間に目的地まで送り届ける事が出来るじゃないですか」
「やあねえ、私なんてもう、ただ図体がデカくて鈍足なおばちゃんよ」
「私だって、客室にベッドを積んで走ってみたかった!」
「あなたたちはまだ若いわ、これからそんなチャンスが無いとも限らないじゃない」
……




奥羽本線 秋田
2017.4


***************

…などと云う遣り取りがあったか否かは存じませんが、
斯様な光景に見えたので御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.20










陽も傾ぎ
翳を浴む迄
四半刻






東北本線 南仙台-太子堂
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

日中は、初夏を思わせるが如き熱気を齎した太陽も、
山の頂に其の身を半分ほど隠した頃合いに御座います。

先客でお見えになられてゐた御仁への挨拶もそこそこに、
兎に角動きが鈍重な庵主は、
架台と鉄瓶をもそもそと取り出し、
据付に取り掛かるので御座います。

そうこうしてゐる内に、
此の時季本来の肌寒さが徐々に足許から忍び寄り、
庵主の影も見る見る伸びて参ります。

鏡筒の前に手を翳したり鉄瓶の向きを変えてみたりと、
自らの脳内で、ああでも無いこうでも無いと
雑念が大半を占める思いを徒然に巡らせて御座いまして。

未だ、日中の熱気を帯びた電気機関車が
空冷機の音もけたたましく其の姿を現したのは、
些か雑念が残ってしまった、其の時で御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.19










銀嶺に
里の薄墨
温む空






東北本線 船岡-大河原
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

三寒四温とは申しますが、
矢張り、暖かくなる季節と申しますのは
心も踊るものがあるかと存じます。

此の日は、恰も夏の如き陽気に御座いまして、
些か霞んではゐるものの、向こうに見ゆる滑雪場の白さが
涼しさを誘う程に御座いました。

お客様を鈴生りに載せ、福島へと向かう花見列車と
蔵王の峰々を柔かく繋ぐ、薄墨の列。

此の並木は何処までも続くが如く在り、
此の光景其れ自体も亦、何時までも続くが如き
錯覚を覚えさせるので御座います。

一方で、此の古き良き時代の産物につきまして、
之を維持する事も亦、容易では無いものと存じます。

旧式の機械接合を多用した構造を持つ車両の
補修修繕は、言わずもがな熟練の勘と技術を
要するので御座いますが、

こうした職人の皆様方の多くも御高齢と相成り、
或いは既に御退職されてゐるものと存じます。

鉄道に限らず、
人と人との有機的な繋がりを以て為さるゝ技術の伝承の大切さも、
此の陽気の中に在って、些か乍ら感じた次第に御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.18










空高く
紅の盛りの
零れ落つ






東北本線 船岡-大河原
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

庵主が幼稚園児であった三十数年前迄は、
斯様な光景が日常で在ったとは、
今となっては想像も付かないので御座います。

毎年、宮城県内の国鉄路線の普通(快速)列車が
一日ないし二日間乗り放題となる、
初詣自由切符なるものを父より買い与えられ、
彼の趣味に濃密に付き合わされて来た(?)結果
今日の庵主が在る訳で御座いますが、

其の際、白石駅迄行った折に、
留置線に大量に打ち捨ててあった四三系一般型客車の姿が
妙に強烈に印象に残ってゐるので御座います。

また、仙山線にて面白山へ滑雪に行った折、
当時まだ若かりし祖父に乗せてもらった、
ED76牽引の一般型客車の、ごった返す車内も
脳裏に焼き付いてゐるので御座います。

然し不思議と、此の列車と桜との記憶は
全く以て皆無なので御座います故、
此の年になって、殊更に新鮮味を覚える処に御座います。

何のかんのと申しましても、
我が家は結局、親子三代、遺伝子級にて連綿と続く
趣味人一家なので御座いましょう。
さて、四代目の登壇とは相成るので御座いましょうか。

当日お会いした諸先達方、
短い時間では御座いましたが、
愉しい一時を、誠に有難う存じました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。


2017.04.17










碧一点





東北本線 船岡
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

はち切れんばかりに咲き揃う、船岡の桜。
庵近在と云う事もあり、庵人の御相伴にて
参じた次第に御座います。

今年初の夏日と相成り、
陽光の力強さも相俟って
気温は鰻登りに御座いまして、

此の日お越しに成られた皆様方に取りましては、
大変良い日和になったものと存じます。

個人的には、此の、桜と信号機の光景だけは、
昭和の風情を今に伝うるものと
信じて疑わないので御座いますが、

此の半刻後に、昭和の遺産が
当に目の前の鉄路を駆け抜ける予定に御座いまして、

懐古主義者の趣味心を甚く刺激する光景が
展開さるゝ事に成るので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.15










線路際
見送る人の徒然に
想い馳せたる
土の温もり






奥羽本線 陣場-白沢
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

田に積もった土もすっかり融け、
人や車の踏み後から外れた場所には
蕗の薹が顔を覘かせる様になった秋北に御座います。

息も絶え絶え、張るだけ張った両脚に鞭を入れつゝ
登った先からの眺めには、

鈴生りのお客様を載せ、最後の力走を魅せる
583の姿を間近で見送らんとする人々の姿が御座いました。

銘々の想いを携え、或る方はレリヰズを切り、
亦或る方は手を振り、其れも車窓からも地上からも...

何より、
柔き陽光に照らされた土が仄かに放つ温もりと薫りこそ、
彼女にとりましては、心地良いお見送りでは無かったかと
推察するので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.14










山上の
御仏拝む
終の路






奥羽本線 大鰐温泉-石川
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

嘗て、南部藩の武将、
石川高信が津軽統治の拠点としてゐたと云われる、
大仏ヶ鼻城跡。

能く眺望の利く小高い丘に築かれた此の城の跡が、
津軽為信により陥落されてから丁度五百年を経た今日では、
弘前市民の憩いの場として利用されてゐる訳で御座います。

此の丘の中腹には、曹洞宗の寺院が御座いますが、
公園の名の由来である“大仏”との明確な関係性は
調べが付かずに御座います。

室町期に此の地域に勢力を張った武将の
菩提寺であったと云わるゝ事から、
大仏ヶ鼻城に於ける攻防に纏わる因縁も
少なからず在るものと推察する処に御座います。

此の御寺の境内には、
大仏ケ鼻城陥落に武功のあった兵部が寄進したとさるゝ
十一面観世音菩薩像が安置され、
大仏公園を舞台にした歴史の一幕に
思いを馳する事が出来るものと存じます。

当時より五百年を経た今、
此の一献に写りし路を幾度と無く
馳せ参じた583系電車も
陥落の時を迎えた訳で御座いますが、

是まで此の列車が歩み来た旅路と行く末は、
此方の観音様もずっと穏やかに
見守って行かるゝ事に御座いましょう。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.13










頂の
泪隠して
津軽富士






奥羽本線 弘前-石川
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

悪化の一途を辿る空模様に一喜一憂しつゝも、
泣いても笑っても此れが最後と云う事に御座いまして、
津軽富士を望む跨線橋に参じて御座います。

嘗て、当該車両を使用した列車名の由来となった彼の山は、
既に今生の別れを察するかの如く、
一筋二筋の涙を流してゐた事で御座いましょう。

其の事を、我々に、そして彼女に悟られないよう、
目深に帽子を被り、頂を覆い隠してゐたものと存じます。

斯様な想いを振り切るが如く、
往時と変わらぬ韋駄天振りで、
終の棲家、秋田への帰路を急ぐ列車の姿が、
彼の山の麓に御座いました。

写真機を構えて居られた先達の皆様方、
そしてお見送りにお越しになられた沿線の皆様方。
行く先々で、列車に手を振る光景に相見えたので御座いますが、
彼女の目にもきっと、其の姿がしかと写ってゐたものと存じます。

さて、此の道中では、沢山の先達の皆様方に御引き回しを頂き、
また、出不精な庵主には勿体無い程の良縁を沢山賜りました事、

そして何より、長年の活躍で我々を魅了した大女優の去り際に
立ち会い、其の姿を此の目に焼き付ける事が出来ました事に、
心より御礼を申し上げとう存じます。

こと、近在に御住まいの某巨匠殿、
そして、某・手抜き先生殿や、某・人気先生殿には、
此の出不精の尻を叩いて頂きました事、
拙庵からで恐縮には存じますが、改めて御礼を申し上げます。

此の茶葉、在庫が未だ御座いますれば、
もう少々煎じさせて頂きとう存じます。
もし宜しければ、御相伴賜りとう存じます。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.12










歓声も
去りし銀嶺
見守りて






奥羽本線 大鰐温泉-石川
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

来訪者の歓声が過ぎ去ってから、
早一箇月近く経過した、大鰐温泉スキー場。

阿闍羅山の麓に開けた其の滑走場は、
我々一行が小高い丘の頂に立った時には、
未だ鮮やかな白銀の光を放って御座いました。

而して、本日の主役を待つ内に、
太陽は急速に其の光を弱め、
柔らかな西日が差し込んでいた水田や林檎畑、
そして阿闍羅の山体さえもが、
水墨画の如き単色の薄暮へと引きずり込まれ…。

其れから暫くして、
すっかり灰一色の世界と相成りました画角の奥に、
乳白色の仄かな“∴”が燈ります。

其れは、
彼女の踏み跡に一瞬の彩を与えつゝみるみる内に近付き、
山上で色めき立つ我々を、物憂げな表情で一瞥するのみで
足早に弘前へと走り去って往くので御座いました。

其の後、津軽平野の南端は、一瞬にして、
元の灰一色の世界に戻ってしまったので御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.11










春来る
里を抱きて
雪の峰






奥羽本線 白沢
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

此の日最初の登攣で消耗した脚に鞭を入れ、
二箇所目の俯瞰地点を目指したのでは御座いますが、

日常の不摂生と自身の体質が祟りまして、
御先達の皆様の足許迄は遂に辿り着けずして時間切れを迎え、
些か中途半端な高度と構図に相成りまして御座います。

また、白沢駅の構内配線や
構造についての検討も不十分であったため、
先頭から数両の足許が乗降場に隠れると云う
大失態のおまけ付きと相成りまして御座います。

併し、深く残雪を抱いた白神の峰々と
遅き春を迎えつゝある白沢の集落、そして何より
此の日の主役が集落を真一文字に貫く様子を
一つの画角に見下ろす眺めは、
当日迄持ち堪えてくれた空模様と相俟って、
何物にも替え難い一献と成ってくれたので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.10










息切らし
浅き夢見し
早春賦






奥羽本線 白沢-陣場
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

幼少より恋い焦がれ、公私共に慣れ親しみ、
そして、如何様な車よりも思い入れのある車の末期を、
此度、見送る機会を頂きまして御座います。

昭和四十一年、汽車製造株式会社にて
月光型の初号機が産声を上げて以降、
高度経済成長期、多くの人々の長距離移動を支え、

昭和四十三年、
青函連絡の重責を命ぜられ、黄金期を迎えて以来、
今世紀に入って尚、東北新幹線の八戸開業まで、
臨時を含め其の責を担い続けて参りました。

晩年は、日本の首都や某夢の国、そして信仰の聖地へ、
自身の持つ卓越した汎用性と性能を活かし、
東北を拠点に、沢山のお客様を運んで参りました。

其の間も、度重なる故障や部品の生産中止、
点検や修繕等を担う工場職人の減少と云った
数多の困難を乗り越えつゝ、
車齢を感じさせぬ活躍を見る事が出来て御座いましたが、

此の時機に辞世を迎うるなど、
誰が予想し得た事に御座いましょうか。

久しぶりに庵に風を通した本日より暫くの間は、
日本の機械設計並びに製造技術の金字塔の一角を担った、
583系交直流特急型電車の最後の活躍を、
稚拙な一献乍ら、庵主なりに纏めて参りますので、
何かの折で結構で御座います故、
御相伴を賜りとう存じます。

其の一献目は、
最初で最後の訪問と相成りました此の地から、
谷間に谺する電動機と警笛の音に
耳を傾けて頂きとう存じます。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.03










草生して
歪んだ道とて
前見据え






日本製紙岩沼専用線 岩沼授受所
2017.3


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

傾きはじめた春の柔き光を受け、
大柄な小兵が留置線をまめに往来して御座います。

空模様や曜日に関係無く、
ほゞ一年中、此の小さな街の景色の中を
往来して御座います故、

沿線にお住まいの皆様方の中には、
列車の往来の時刻を時報代わりにされてゐる方も
居らるゝ事と拝察するので御座います。

斯様な街の近在に、庵が在る事の
小さな幸せを反芻しつゝ。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。