2017.07.03










緑を纏い、
森と生きる。






石巻線 石巻-曾波神
2017.5


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

些か時間の経った茶葉にて恐縮に存じます。

漸く再開を見た音楽活動や
立て込んで来た庵事に追わるゝ日々に御座いまして、
此処二週間ほど、線路際から遠ざかって御座います。

さて、初夏の日差しを受けつゝ、二両の内燃動車が
満々と森を湛うる愛宕山の足元を
摺り抜けて参ります。

清潔感のある車体の地色と相俟って、
木々の生命力が溢るゝ様を垣間見た気が
するので御座います。

処で、私事で恐縮至極に存じますが、お陰様で、
拙庵も二世のお出ましを再来月に控えて御座います。

此の、豊かな緑の如く、躍動する生命力の端緒を
目の当たりにする事が出来れば、と
切に願ってゐる処に御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
2017.06.21











生い茂る
森から仄かに
初夏薫る







石巻線 石巻-曾波神
2017.5


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

庵近在は、愈々本格的な梅雨空と
相成りまして御座います。

然るに、目にも鮮やかな夏空が
そろそろ恋しくなる処に御座いまして、
本日の一献に御座います。

生い茂る葉の物量が、
愛宕山のこんもりとした容姿を一層強調し、
初夏と申しても差し支え無い景観かと存じます。

眩しい空の蒼さと、彼の山の緑を
其のまゝ映し出す水田も、
今ではすっかりと稲が伸び、

早くも稲穂の時期が待ち遠しくなってゐる事に
御座いましょう。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.06.19











空深く
暑気の便りを
引き連れし






石巻線 涌谷-前谷地
2017.5


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

毎度の事乍ら、一箇月程前の熟成茶葉にて
本日もお茶を濁しとう存じます。

五月晴れとは斯様なものぞ、と云わんばかりの
深い藍を纏った空。

一本の列車が、其れ迄の濃い川霧を一掃し、
此の空を引き連れて来た時、
暑い一日と相成る予感がしたもので御座います

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.06.15










高き陽に
望む山影
春霞






石巻線 前谷地-涌谷
2017.5


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

此の日は三度、
鳥屋崎の崖に上がって御座います。

三度目の正直を期待しつゝも、
日頃の行いが奏功してか、
予想通りの春霞に御座います。

高々と昇った太陽が燦々と里を照らし、
其の向こうに船形の山影を漸く認めたのは、

一本の貨物列車が轍の音を響かせてから
暫くの後に御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.06.10










初夏の陽に
照らされ森の
輝ける






石巻線 石巻-曾波神
2017.5


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

力強い陽光が、森を形作る葉の一枚一枚を
瑞々しく照らし出して御座います。

国鉄時代より変わらぬ色を纏った内燃機関車は、
其の樹々を、緑を、決して侵さぬよう定められた
化粧なのかも知れないので御座います。

日本のどの地に在っても、其の風景に溶け込み、
沿線の日々の暮らしと一体になれるよう。

そして、其れを、長きに亙り、
力強く支える事の出来るよう。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。