2018.04.17











古(いにしえ)の
風に宿場も
花散らむ






東北本線 白石-越河
2018.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

斎川宿は、奥州街道の小さな宿場町に御座います。
江戸より参りますと、関所の在った越河の
次の宿場に当たる訳で御座います。

此の旧街道の線形に、古の宿場の面影を
色濃く見る事が出来る事と存じますが、
嘗ての賑わいを、街道沿いに植えられた桜に託し、
今日の静かな佇まいを見せるので御座います。

そして、今年も亦、
集落の外れの山裾を、一本の汽車が、
福島方面に駆け上がって行くので御座います。

花こそ一足先に過ぎ去って御座いますが。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
2018.03.15











生業を
修むる行脚も
日和哉






東北本線 館腰-岩沼
2018.3


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

季節外れの日和に、
大量の杉花粉が舞う頃合いと
相成りまして御座います。

過日、堪らず耳鼻科医に駆け込み、
処置と投薬を受けて参りました。
親よりも丈夫な我が子を時に恨めしく思う、
一児の父に御座います。

斯様な中、線路検測車が出陣との報を頂戴し、
重い腰と鼻汁を引きずり
記録に参じた次第に御座います。

燦々と降り注ぐ朝日を浴び、
思いの外駆け足で生業を紡ぐ地へと
過ぎ去って行ったので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.05.18










桜の盛りに






東北本線 船岡-大河原
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

後追い、かつ中途半端な構図にて、
御披露申し上げるのも恐縮至極に存じますが、
余りにも見事な盛りの桜が御座いましたので、
今更乍ら一献を煎じさせて頂く次第に御座います。

斯様な光景に、来年も亦相見ゆる事を、
心より願うばかりに御座います。

本日も多忙にて、
是にて失礼をさせて頂きとう存じます。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.24










夕風を
突きて散らすは
高き空






東北本線 南仙台-太子堂
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

昨日は、拙庵宗家並びに宗家所縁の親族が一堂に会し、
御先祖の皆様方の御供養を営んで参りました。

拙庵の雑事の多さも相俟って、
佳き日和と佳き列車に相見える機会が
元々少ない拙庵に御座いますが、

神事仏事や冠婚葬祭は何より優先すべきとの
宗家の方針も、理解に難からじ事と存じます。

斯様な訳で御座いまして、
先週運行されし客車列車の復路にて点てた一献で、
文字通り、お茶を濁しとう存じます。

太陽は既に其の身の大部分を山手に隠し、
背後の川面を渡る風も、冬の空気を吹き返したが如く
御座いました。

電動機の熱気に僅か乍ら心を温めたので御座いましたが、
彼の列車が通り過ぎて後に運んで来た風の冷たさの方が勝り、
些か首を竦め乍らのお見送りと成ったので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.04.20










陽も傾ぎ
翳を浴む迄
四半刻






東北本線 南仙台-太子堂
2017.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

日中は、初夏を思わせるが如き熱気を齎した太陽も、
山の頂に其の身を半分ほど隠した頃合いに御座います。

先客でお見えになられてゐた御仁への挨拶もそこそこに、
兎に角動きが鈍重な庵主は、
架台と鉄瓶をもそもそと取り出し、
据付に取り掛かるので御座います。

そうこうしてゐる内に、
此の時季本来の肌寒さが徐々に足許から忍び寄り、
庵主の影も見る見る伸びて参ります。

鏡筒の前に手を翳したり鉄瓶の向きを変えてみたりと、
自らの脳内で、ああでも無いこうでも無いと
雑念が大半を占める思いを徒然に巡らせて御座いまして。

未だ、日中の熱気を帯びた電気機関車が
空冷機の音もけたたましく其の姿を現したのは、
些か雑念が残ってしまった、其の時で御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。