2017.09.25











高い雲と
架線の下で







東北本線 愛宕-品井沼
2017.9


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

空模様が今一つ乍ら、
今月初めに朝茶を点てに参じた折の
一献に御座います。

架線下の五軸機を煎じるべく一考したものの、
時間距離的に此処しか思い浮かばず。

合焦点に乏しい一献と相成りましたのは、
起き抜けの御愛嬌にて、何卒御容赦賜りとう存じます。

朝露も降り始め、
陽が短くなって来た事を
実感出来る季節と相成りまして御座います。

皆様方に於かれましては、
御体、御自愛下さいますよう。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
2017.09.16










鈴虫の
声を聴きつゝ
腹重し






東北本線 岩沼
2017.9


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

重電機器を腹に据え、
此の日も夜の陸奥一人旅、

と云った処に御座いましょうか。

夜の空気は、虫の音と相俟って、
すっかり秋の気配に満たされてゐる、
庵近在に御座います。

斯様な中で、拙庵の中に目を遣りますれば、
未だ夏の盛りと申しましても
過言には当たらぬ程の娘の夜泣きが、
雷鳴の如く轟いて御座います。

台風が列島を縦断する、今週末に御座います。
何方様も、準備対策には予断を持たれませぬよう。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.09.14











雨纏い
夜通し勤める
職場にて







東北本線 岩沼
2017.9


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

娘はどうも、起きてゐる間はほゞ泣くのが
仕事の様で御座いまして、
庵主が胸に抱くと、殊更に火を付けた如くと相成り、
家内が居る病室の外に迄、聞こえる程に御座います。

さて、本日の一献に御座います。

此の夜、件の重貨物車の
牽き手を担って居りましたのは、
多くの演算子に因り、遍く機器が制御さるゝ、
新進気鋭のEH500に御座います。

其の運転室も、さぞ洗練された物であろうと
些か失礼かとも思いつゝ、中を覗いてみますと。

矢張り、如何に先進的な電子機器も、
最後に制御するのは人間で在る事を
改めて認識した一時に御座いました。

夜通しの番、誠に御苦労様に御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.09.13











鉄(くろがね)の
闇に踊りし
黒光り







東北本線 岩沼
2017.9


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

私事で恐縮至極に存じますが、
本日、拙庵に新たな家族が誕生して御座います。

今日を迎うる迄の様々な事柄が
余りにも克明に思い出され、
娘の愛らしさに拍車を掛けた処に御座いますが、

うっかり眼に入れてしまわぬよう、
今後とも精進する所存に御座います。

さて、父は其の前々夜に、
庵近在の夜の帳を漆黒で彩る
重貨物車の魅力に負け、

斯様な夜間徘徊を敢行すると云う、
如何ともし難き不良親父で在る事を
密やかに独白するので御座います。

此の厳つい列車の如く…
と迄は望むべくも御座いませんが、
人知れず人様のお役に立てる様な一面も、
娘に持たせらるゝ事が出来れば、
其れこそ望外の幸甚に存じます。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.09.12











日も変わり
燈(あかり)にぞ乞う
脚休め







東北本線 岩沼
2017.9


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

此の駅を出る下り列車は既に、
仙台への一本を残すのみ。

頭上の自由通路にも、最早、人影は無く、
降り頻る雨とも相俟って、
尚一層の静寂感が漂って御座いました。

其の静けさを破らぬよう、
吾が身の体躯に似合わぬ忍び脚で、
特大貨物車の登壇に御座います。

“気付いたら其処に居た”と申しても
過言では無い程に、
緩急車を含め、闇に紛れ込んで御座います。

其の腹部に挟み込んだ特大の変圧器のみが
存在を主張してゐた、本日未明に御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。