2016.03.23










桟橋も朧夜汽車に相対す





函館本線 函館
2016.3


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

日本で唯一の客車急行と相成りました「はまなす」。
其の雄姿を記憶に留むるべく、函館山の頂を目指します。

息を荒げ、滴る汗も其の儘に、一年半振りに見渡す宝石箱。

市井の皆様方が大凡寝静まつた夜半にも拘らず、
其の輝きは衰うる事無く、砂洲の形を明瞭に示して御座いました。

嘗ての連絡船の桟橋は、而して砂洲の片隅で、
往時の栄華を朧気に留めて居りました。

軈て、汽笛一声、
眠れる街を起こさぬよう、甚(いた)く静かな足取りで、
桟橋に向かって彼の列車が滑り込んで参ります。

物言わぬ摩周丸は、滑り込んで来た夜汽車を、
其の深い懐で受け止めんとするが如く、
退役して尚、静かに桟橋に佇むので御座います。

其処に庵主は、函館山の頂で、
体の芯まで冷やさんとする強風に穿たれつゝ、
ある種の錯覚を覚えたので御座います。

函館駅の線路は、未だ摩周丸の待つ桟橋まで
繋がつて居るのではないか、と。

さて此度は、此の頂より、
此の日を以て北日本から消滅する夜汽車を追い、
道南へと馳せ参じて御座います。

丸二日間お世話になりましたうっかり鉄殿、
そして、現地でお世話になりました皆様方に、
草庵からで甚だ失礼かとは存じますが、
心より御礼申し上げます。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
2015.09.06










食卓の流るゝ緑に弾む声





函館本線 渡島大野-仁山
2014.8


***************

御来庵頂き、誠に有難う存じます。

北斗星、と来れば、何と云つても、
豪華な食堂車“グランシャリオ”かと存じます。

前夜の夕餐こそ、此方で頂く事が出来なかつたものの、
明朝、木古内を過ぎた辺りから食堂の入り口前に並び、
漸く朝食を頂く事が出来まして御座います。

その際、明六ツ初刻(朝五時頃)を回つたばかりだと云うのに、
何と先客の御仁が居られたので御座います。

我が家の北斗星の一宿に於いて、
一番印象に残った出来事で御座いました。

我が家を含め、
ご乗車の皆様方は、斯様な迄に、
此の食堂車での食事を楽しみにして居られたので御座います。

何故ならば──
何しろ此の時既に、日本最後の
「定期列車の食堂車」だったので御座います。

我が家は洋朝食を所望。
食卓一杯に広がる額縁を、
鮮やかな北の緑が、暇(いとま)無く流れて参ります。

焼きたてのパンも、淹れたての珈琲も、
新鮮なオレンジジュウスも、
絶妙な火加減のスクランブルエツグも、
噛むほど肉汁が染み出してくるベーコンも、
今宵の乗客と旅路を伴にして参つた素材ばかり。

云う迄も無く贅の極み、此の日、至玉の味覚を
我が家に齎したので御座います。

時に、
此の車両が、彼(か)の信越本線碓氷峠を往来する
特急電車の用に供すべく作られてから、
此の時丁度四十年。

信越本線碓氷峠、奥羽本線板谷峠、東北本線十三本木峠と
併結する相手も越える峠も変えつゝ幾星霜。

電車から客車への華麗なる転職をも越えて、
第二の人生が遂ぞ先月末に終焉を迎えた事は、
御来庵の皆様方にも、公然周知の事実に御座います。

2014.09.20









北限の50Hz、
その生き証人に謁見す。






函館本線 岩見沢
2014.8

2014.09.05










双眼を 重ね見据えし 其の先は





函館本線 札幌
2014.8

2014.09.04










彼方より 望み集めて 箒星





函館本線 札幌
2014.8