2017.07.26











びつしりと
行列為したる
チツプ籠







日本製紙岩沼専用線 岩沼授受所-岩沼工場
2017.7


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

庵至近の紙工場。
一日当り1,475屯の抄紙を生み出す、
大手製紙会社の一大拠点に御座います。

此の生産能力を支える重要な輸送資産として、
此方の専用線は、今日も此の街に確かに存在し、
一日二回、列車の往来が御座います。

住宅街の片隅を静々と進んだ紙籠の大名行列は、
此の先の些か劇的な光景を以て、
長い旅路の終着と相成るので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
2017.07.21











朝の陽を
正に浴びたる
草小路







日本製紙岩沼専用線 岩沼授受所-岩沼工場
2017.7


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

此の日も亦、街の片隅で、
籠の行列の御成りに御座います。

機関車も、其の水先案内の御仁も、
正面に力強く朝日を浴び、
草生した小路を工場へと向かうので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.07.18











梅雨空を
映し藍染
五間堀







日本製紙岩沼専用線 岩沼工場-岩沼授受所
2017.7


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

閑静な住宅街の一角、
拙庵の一献に度々登場する
五間堀川を渡る下路式鋼桁橋が御座います。

家塵出しの為、集積所に向かうご婦人が、
「毎日此の時間に引込線がやって来る」との旨
ご教示頂いた所、

果たして其の通りの時間に
紙列車がやって来るでは御座いませんか。

此の日も亦、此の“引込線”が、
沿線に御住まいの皆様の日々の暮らしに
密接に関わってゐる事を識るので御座いました。

そして、川面に映ゆる深き藍色は、
未だ梅雨明けして居ない事を示して御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.07.06










梅雨空に
進む径とて
草生して






日本製紙岩沼専用線 岩沼授受所-岩沼工場
2017.6


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

此の処の湿気で、苔等と云う
生易しいものでは無く、
雑草に覆われた線路。

甚だ失礼な話では御座いますが、
こんな処、列車など通るのだろうかと
訝しがってゐた折、

力強い原動機の音、そして
其れにそぐわぬ速度の籠の列が。

比類無き生命力を誇る雑草も、
現役の鉄道車両の前には
形無しだった様に御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.07.04










枝垂れる
葉の翳の色
寄する風






日本製紙岩沼専用線 岩沼工場-岩沼授受所
2017.6


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

ぽっかりと、針孔の如く空いた庵事の隙間。
寸暇を惜しみ、桑原の住宅街に
角籠を転がして御座います。

ねっとりと纏わり付く温風にそよぐ木々の葉も、
五間堀に涼を求むるが如く御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。