2018.02.10











早掛を
亙る風さえ
静まりて





下北交通 樺山-田名部
2001.1


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

本州の最果てを象徴するかの如き、
とある沼の畔に御座います。

北海道の東部にも似た佇まいに御座いまして、
下北交通が日々を紡いで参った環境の厳しさをも
物語ってゐるが如く在りました。

降雪の有無にさえ右往左往する
庵主に御座いますが、
此の地では、此の時季は毎日大雪に御座います。

其の雪を以て、僅か一両のヂーゼル動車の
足音さえ掻き消消し去る程の静寂と為し、
軈て空気すらも呑み込まんとする、
厳寒の夕暮れに御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
2018.01.22











吐く息も
寄らば熱気の
乗降場





下北交通 大畑
2001.1


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

此の時の行脚は、
下北交通鉄道線が廃止に相成るとの一報を受け、
厳寒の三八上北から下北に掛けて、
機動庵にて巡った折のものと記憶して御座います。

田名部から大畑に至る道程は、
路面の雪こそ排されてゐたものの、
日中も完全凍結状態に御座いまして、

天下の往来にも係わらず、関根駅の入り口辺りで
機動庵を水平方向に一回転させてしまった事を
鮮明に憶えて御座います。

斯様な気候の中、夜の帳が下りて久しい大畑駅にて、
本日の一献の如き人いきれに遭遇出来ました事は、

廃止前の駆け込み需要と云う事も有ったとは存じますが、
嬉しい誤算で御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2018.01.18











鉱山(やま)懐(ふところ)への
路在りて
今日も見守る
昼下がり





神岡鉄道 猪谷
2000.8


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

嘗て、奥飛騨の山懐の小駅から、
更に其の奥へと伸びる鉄路が御座いました。

国鉄神岡線を前身とした神岡鉄道は、
其の歴史を、鉱山(やま)の盛衰とほゞ重ねて
参ったので御座います。

鉛や銀などの重金属の産出を主とした此の鉱山は、
晩年は硫酸の精製に軸足を移し、
此の鉄路にて運び出さるゝ貨物も亦、
時代に拠り変遷を見たとの事で御座います。

本日点てた一献は、
産業鉄道としての役目を終え、
地域の足に徹する当路線を、静かに見守る駅務員殿の、
或る夏の昼下がりの一齣に御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.01.08










土色の
田も広がりて
茜雲






阿武隈急行 岡-東船岡
2016.12


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

年の暮れ、船迫の丘の上より四季島を見送り、
脱兎の如く丘を駆け下りる番長殿も見送った後。

其のまゝ庵に戻るのも些か勿体無く、
伊具丘陵の中程に参じて御座います。

陽が射し込む角度も愈々低く、
流れ来る千切れ雲が、散発的に陽光を
出したり隠したりして居ります。

猫の眼の如く気紛れに上下する露出と、
線の細い直射日光、そして立ち位置と、
三つ巴のせめぎ合いに愉しく悩む事四半刻。

やって来たのは、此れまた周囲の色に
愈々溶け込まんとする装飾を纏った
電車に御座いました。

そして此の一献が、事実上、2016年・平成28年の撮り納めと
なったので御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2016.09.10










薫風に
山河縁取る
途を往く






阿武隈急行 丸森-あぶくま
2016.5


***************

御来庵頂き、誠に有難う存じます。

些か時間が経った一献にて恐縮に存じます。

皐月を通り越したが如き熱気を帯びた風が、
渓谷を時折通り抜ける夕刻。

其の風に混じり、轍を刻む音が
徐々に近付いて参ります。

一瞬、其の音が尾根の陰に隠れ、
川面を渡る風と共に、完全に姿を消したと思われた直後。

向かい風に正対し、
隧道からあらぬ速さで山河の縁に躍り出た列車に、
些か辟易してゐたので御座います。

今日明日と、定禅寺ストリートジャズフェスティバルが
仙台市内各所にて開催されて御座います。

庵主の楽団は、今宵、
仙台市内のジャズクラブにて実況演奏会(ライブ)を
させて頂く事となっております。
詳細は庵主の顔本、又は此方にて
ご確認頂きとう存じます。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。