2017.09.28











天高く
ヂーゼル響かせ
往く野原






石巻線 小牛田-上涌谷
2017.9


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

風も出て参りまして、雨が叩き付ける
庵近在に御座います。
皆様がお住まいの地域の空模様は
如何で御座いましょうか。

頭上に雲一つ見当たらず、
余計に其の高さが増して見える
或る長月の朝の一献に御座います。

鳥の囀りさえ遠く聞こえる他は物音に乏く、
斯様な中、其の鼓動が徐々に近付いて参ります。

程無くして、重苦しく轟くヂーゼルの
エギゾーストは庵主の眼前を掠め、
対照的に軽やかな籠の足音が
其の後ろに幾重にも連なり、

其れも遠ざかった後には、
元の高い高い空と広い野原のみが残り、
鉄瓶を構えた庵主が独り、其の只中に
佇んでゐたので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
2017.09.27











或る交替要員の夜更け





東北本線 岩沼
2017.9


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

此の夜は、庵近在で生じた線路支障に依り、
各列車の運転時刻は大幅に乱れて御座いました。

臨時の貨物列車とて例に漏れず、
其の煽りを食わされてゐた様に御座います。

当駅で交替すべく待機してゐた此方の運転士殿、
待合室での時間を潰しあぐねたので御座いましょう、
頻りに乗降場上を行ったり来たりし始めて御座います。

其れも幾回か熟し終えた頃、軈て、
明らかに自らの職場と判る前照灯が近付いて参りますと、

時ならぬ歩行運動に些か疲れた体を擡げてゐた
待合室の椅子より徐に立上り、
機関車の停止位置へと足早に向かうので御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.09.26











両岸を
結ぶ鉄路の
勇ましさ








2017.9


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

那須の北麓より沸き出でて、
庵近在より太平洋へと躍り出る
県南随一の大河、阿武隈川に御座います。

五百余米の長さを持つ此の鉄橋も、
右岸(亘理町)側より改修工事が
始まって御座います。

黒々とした夕刻の流れも穏やかに、
幾星霜を生き抜いた武骨なトラス橋の姿も
より洗練された色合いに成って行くものと存じます。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.09.25











高い雲と
架線の下で







東北本線 愛宕-品井沼
2017.9


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

空模様が今一つ乍ら、
今月初めに朝茶を点てに参じた折の
一献に御座います。

架線下の五軸機を煎じるべく一考したものの、
時間距離的に此処しか思い浮かばず。

合焦点に乏しい一献と相成りましたのは、
起き抜けの御愛嬌にて、何卒御容赦賜りとう存じます。

朝露も降り始め、
陽が短くなって来た事を
実感出来る季節と相成りまして御座います。

皆様方に於かれましては、
御体、御自愛下さいますよう。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.09.22











戯るは
水と緑と
隧道と







只見線 会津宮下-早戸
2017.8


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

此の八月は、
庵に座して居りますと、
黴が生えてしまうのではと思える程、
実に日照時間が短う御座いました。

斯様な空模様でも
一献に仕立てらるゝ場所を思案しますれば、
其の一つには矢張り、只見線が思い浮かぶ処かと
存じます。

現在不通に成ってゐる区間の
上下分離方式での運行再開が
決定した処と伺って御座いますが、

其れ程迄に、水、そして森と
縁深い路線なので御座いましょう。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.09.21











箱庭の
パツチワークに
白い風








2017.9


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

パッチワークとは、些か誇大表現で御座いましょうか。
此の場所の田圃も、此処二週間程で
相応に色付いて来た頃合いかと存じます。

先週末の台風等、
今年も幾多の困難を乗り越えて来た数多の稲穂、
刈り取りが始まる前に、そして空模様が佳い時にでも、
今一度一献に収めて置きとう存じます。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.09.20











きらり、






石巻線 小牛田-上涌谷
2017.9


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

何かこう、「きらり、東北。」とか、
「きらり、大崎。」とかの文言を付しますと、
些か効果が薄そうな宣伝紙の如くと相成りそうで、
せめて、きらり、で留めて置きとう存じます。

其れ程迄に、背景の空は
“無色透明な紺碧”の空で御座いまして、
其処へ、運転室の出入り台の窓が
燦然と輝いてゐたので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.09.17











遥かなる
水と緑が
紡ぐ日々







石巻線 鹿又-曽波神
2017.9


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

家内と娘が一時期を過ごしてゐる病室より、
一献を煎じさせて頂きとう存じます。

新旧の北上川が離合し、豊かな水の流れに沃す、
大崎平野の東端に御座います。

間も無く稲も色付き、東北随一の穀倉地帯たる
面目の躍如する時期を迎うる事と存じます。

此の一年の、農家の皆様方の御苦労に思いを馳せつゝ、
今度は、より黄金色を濃くした一面の絨毯にて
野点をしてみたいものに御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。
2017.09.16










鈴虫の
声を聴きつゝ
腹重し






東北本線 岩沼
2017.9


***************

本日も、御来庵賜り、誠に有難う存じます。

重電機器を腹に据え、
此の日も夜の陸奥一人旅、

と云った処に御座いましょうか。

夜の空気は、虫の音と相俟って、
すっかり秋の気配に満たされてゐる、
庵近在に御座います。

斯様な中で、拙庵の中に目を遣りますれば、
未だ夏の盛りと申しましても
過言には当たらぬ程の娘の夜泣きが、
雷鳴の如く轟いて御座います。

台風が列島を縦断する、今週末に御座います。
何方様も、準備対策には予断を持たれませぬよう。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2017.09.15











地平より
生まれたばかりの
陽に浴し







石巻線 小牛田-上涌谷
2017.9


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

所謂、「編成写真」と云うものは、
苦手科目が多過ぎる中でも殊更に、
いつまで経っても苦手で御座います。

先達の皆様方の多くが訪れた此の地とて、
是だけドラマティックな時間帯で在るにも拘らず、

庵主の手に掛かりますと、
斯様な迄に中途半端なものになってしまうものかと
些か落胆してゐる処で御座います。

併し是は是で、次に訪るゝ際には
こう云う一献に仕立てよう、と云う、
明確な課題が見つかりましたので、
佳しとさせて頂きとう存じます。

当に、“御茶を濁す”が如く在り、
恐縮至極に存じます。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。