FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2018.10.15











島々を
巡る鉄路も
目に愉し






仙石線 陸前浜田-東塩釜
2018.8


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

日本三景の内の一つが、
拙庵の至近(と云っても八里程)に在り乍ら、
斯様な迄に風光明媚な処だとは、
知る由も無かったので御座います。

しかも、未だ「千賀の浦」に
足を踏み入れたばかりの処であるにも拘らず。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

スポンサーサイト
2018.09.19











川底の
見透かす深さ
息を呑み






仙山線 熊ヶ根-陸前白沢
2018.8


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

過日開催された、
全国的な知名度を誇る市街地音楽祭
お越し頂きました皆様に、心より御礼を申し上げます。

「星園合奏団」の一員として臨んだ舞台では、
久しぶりに厚みの有る和音と重奏を、
お客様と共に堪能させて頂きました。
誠に有難う存じます。

さて、其の仙台の奥座敷、
作並温泉の一里ほど仙台側に、
斯様に風光明媚な渓谷が御座います。

広瀬川は、さる地元密着型歌手の唄にも
一定の知名度を有するかと存じますが、
彼の川が彫り込んだ地形が織り成す高低差は、
地理愛好者為らずとも一見の価値のある
眺望かと存じます。

摂氏37度を記録したと云う此の日では御座いましたが、
一瞬でも蒸し暑さが吹き飛ぶ景色に御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2018.09.07











剛脚の
其の音も名も
轟かせ






東北本線 太子堂-南仙台
2018.7


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

人間とは甚だ身勝手な生き物に御座いまして、
灼熱地獄の様相を呈した今夏が過ぎ去ると、
今度は「あの夏が恋しい」等と宣う庵主に御座います。

慌ただしくも長閑な心持ちで日々を過ごす一方で、
大阪北部地震、台風二十一号、そして胆振東部地震と、
立て続けに列島を災禍が襲って御座います。

「数十年に一度」と言う行りも、最早
一年に何度も耳にするように相成りまして御座います。

被災された皆様方の御苦労、御心労を
微能乍ら拝察申し上げると共に、
被災地域の一日も早い再建を祈るばかりで御座います。

遠く宮城の地から、明日の十五時、此の音に乗せて
皆様の御心が、少しでも明るくなりますよう。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2018.08.27











名も知らぬ
浦の霞に
身を潜し






仙石線 東塩釜-陸前浜田
2018.8


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

呼吸をする度に咽ぶ如き暑さに見舞われた
此の日の庵界隈。

些かでも涼を求め、海沿いへと角籠を駆り、
辿り着いたのは名も知らぬ入り江の畔。

此の日県下一円に散発した夕立雲よりは
一足先んじて現地入り出来たものの、
此の霞み具合に愈々か、と思った矢先、
大粒のスコウルに見舞われたので御座います。

話は変わりまして、今年も、
日本を代表する都市型音楽祭の季節と
相成りまして御座います。

庵主もまた、
拙くも全力で技芸をご披露申し上げる
機会を頂いて御座います。

庵主現物は、来たる9月8日の15時、
程よい夕暮れ時に「西公園お花見広場」にて、
御笑覧頂けます。
もしよろしければ、御臨席を賜りますれば
望外の幸甚に存じます。

冷えた麦酒を片手に、一風変わった
スゥイングジャズを嗜まれては如何で御座いましょう。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2018.08.18











猩々の
座す膝元に
銀蜥蜴







仙山線 熊ヶ根-作並
2018.8


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

此処数日で、空気が一気に秋に入れ替わり、
明け方等は布団を被らずに居ると
忽ち風邪に罹りそうな程涼しくなった、
庵近在に御座います。

さて、拙庵より角籠を駆る事一時間弱、
幾つか在る仙台の奥座敷の内、其の一つへ参じます。

「ゴリラ山」とは能く云ったもので、
猩々が横顔も凛々しく堂々と鎮座してゐるが如くに
御座います。

正しくは「鎌倉山」と称し、
海抜は520米だそうで御座います。

人類の度肝を抜く圧倒的な尺度を誇る
彼の猩々の膝元を、山形行きの快速電車が、
恰も「かなちょろ」の如く駆け抜けて行く、
酷暑の昼下がりに御座いました。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2018.08.16











陽も薫る
風に混じりて
河を舞う






常磐線 岩沼-逢隈
2018.5


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

育児、資格試験、音楽稼業其の他諸々の忙事に紛れ、
庵もすっかりと煤を被って御座いました。

未だ渦中には御座いますが、此処数日で、
漸く僅かな踊り場に辿り着いて御座いました。

暫く前の一献で御座いますが、
薫る、を些か通り越して、蒸す、に
近い陽気と相成った皐月の夕暮れ。

庵近在を巡る合間、土手に佇み、
鉄橋を渡る列車の轟音を、
遠くから嗜んで御座いました。

其の後、ありとあらゆる仕業が
我が身に怒涛の如く降り懸って来ようとは、
未だ知る由も無かったので御座います(苦笑)

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2018.06.21


















函館市電5系統 湯の川温泉-湯の川
2014.8


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

過日開催された音楽祭に御来臨頂きました皆様、
大変遅れ馳せ乍ら、草庵よりにて恐縮に存じますが、
御礼を申し上げます。

四年ほど前に渡道した折の一齣に御座います。
温泉街への路を歩いて居りましたら、
偶然にも、庵主が若気の至りで車庫に入れて頂いた
其の時
にお見掛けした、39号が。

当時はまだ、塗装の上がりたてで御座いましたが、
あれから二十年ほど、すっかり使用感が出て参りまして、
現役当時に思いを馳せるに十分な風格を、
往来に漂わせてゐたので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2018.06.11











駅務員、駆ける






栗原電鉄 若柳
1995.3頃


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

通票と赤旗を手に、駅務員殿が
構内を駆け巡って御座います。

電源方式や閉塞方式が幾ら替わろうが、
定時かつ安全な運行を以て
地域住民の足に徹する。

運輸事業者の、斯様な矜持が感ぜらるゝ
日常の一場面かと存じます。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2018.05.30











聳える屏風の白く輝く






阿武隈急行 岡-横倉
2018.3


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

起伏が少なく、かつ、切り立った峰が特徴的な、
蔵王七峰の一つ、屏風岳に御座います。

里を柔らかく照らす陽光は、此の、
未だ厳冬の面影を残す険しき峰の輪郭を、
雲を纏いつゝも明瞭に示すので御座います。

さて、今週末も音楽仕業に御座います。
定禅寺ストリートジャズフェスティバルと双璧を為す、
仙台屈指の音楽祭に御座います。

此の祭典に於いて庵主、僭越乍ら、
午前中の「元鍛冶丁公園」にて、
"星園合奏団"の仲間と共に、
技芸を御高覧頂く機会を頂きまして御座います


梅雨の走りの如く、湿度が高い曇天の
庵界隈に御座いますが、此の日ばかりは、
御来臨の皆様と胸透く様な晴天を共有出来れば、
望外の幸甚に存じます。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

2018.05.23











地に舞いて
流るゝ星も
白昼夢





東北本線 太子堂-南仙台
2018.4


***************

本日も、御来庵頂き、誠に有難う存じます。

娘が産まれ、半年ほど経過した事を機に、
拙庵の家計簿を全面的に見直して御座います。
此の時点で、御多分に漏れず、
些か余裕の無い事が判明致しました。

其処で庵主、一家の家長として、
出来得る限りの施策を講じる事と致し候。

一、
今年中に、国家資格を最低一つ、
可能であれば二つ、取得する事。

一、
兎に角、収入に繋がる行動を増やす事。

最初の一点目に関しては、
時間効率的に収入増を狙う施策で御座いまして、
其の内の一つ目の試験を終えた所で御座います。

二点目は、ぼんやりとして御座いますが、
程よく特技を活かせれば佳いかな、
と云うものに御座います。

何れにせよ、茨の道かとは存じますが、
家庭を構えると決めたのは庵主自身に御座います。

家族団欒の日曜日を死守した上で、
自身の身の丈に適う程度に稼ぎ、
円満に過ごす事が出来れば、幸いに存じます。

と云う合間にも、嘗ての名機が今も元気に働く姿を、
庵近在とあらば尚更に、
いそいそと愛でに参じる昼下がりなので御座います。

御相伴賜り、誠に有難う存じました。
又の御来庵を、心よりお待ち申し上げて居ります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。